4度目はなかった
ウサギが死ぬことを
お月様に帰ると表現するのを知ったのは
ウサギを飼い始めてからです。

9月28日の満月の夜
我が家に初めてやってきたうさぎさんが
お月様に帰ってしまいました。

世間ではスーパームーンと騒いでいたので
縁起でもない気がしていたのですが
悪い予感が的中してしまいました。

少し詳しく書くと
前回、んちが1週間ぶりに出たーーー!
と喜んだのも束の間
4日後の金曜日の朝から再びでなくなったのです。
出た時に、シルバーウイーク前でよかったと
ちろっと頭の片隅で思ってしまったのが運の尽き、
だいたいこういう事を一瞬でも意識してしまうと
連休中に困ることになるのがパターン。

連休中は診てもらえないので土曜日に受診。
電話入れたら、休み中でも診ますよと
心強い事を言ってもらえましたが
やはりお休みの邪魔はしてはいけないので
家で投薬+ガスピタン+
ペットボトル湯たんぽしながらマッサージで
なんとか乗り切った。

お腹の中で音がするので
今回も頑張ったらそのうち出るかと思っていたら
ついにどうやっても出なくなってしまった。
連休明け1番で受診。
野菜を細々と食べて、だんだん食べなくなるので
その時点で連れて行ってお注射してもらうと
少し食べてくれるので最後は注射頼み。

診てもらったら、お腹も動いている音がしていたし、
レントゲンももう少しで出る感じだったので
今日こそ出す、明日こそ出るかなと毎日絶望と期待の繰り返し。
何度か今度こそもうダメかも…
と思いましたが、うさたんが生きてるのに諦めたらアカンやろ
と気持ちを立て直してありとあらゆる事をしたけど
最後はもうお手上げ状態。

休みなので土曜も注射してもらいましたが
日曜の夜にはへたばって立てなくなり
まだ這って移動してましたが
月曜日には手足の力がなくなって
動けない状態になってしまいました。

いよいよ駄目そうなので
病院に連れていくか大変迷いましたが
注射で少し元気が戻るかもと思って
連れて行きました。
暑かったので電解水をこまめに飲ませていたのですが
脱水状態になっており、予断を許さない状態になっていた。

この時点で1週間と3日出てなくて(小さいんちは2粒だけ出た)
もうお腹に隙間がない感じで
どうにもできないので、どのみち死んでしまうのならと
最後に望みをかけて浣腸してもらったけど
結局駄目でした。
駄目なものは駄目。
どうやっても、どんなことをしても
ままならぬのが世の常です。

後悔だけはしたくなかったので
最後まで全力でやりつくしましたが
うさぎさんにとってはそれがよかったのかわかりません。
何しろ初めてのウサギ飼育だったので
さじ加減がわからないのです。

色々嫌なこともしなければならないし、
無理やり栄養補給にシリンジで与えても
自分にしたら、食べたくないのに無理やり
飲ませられるのもものすごい苦痛だと思います。
そっとしておく思いやりと
嫌でも世話を焼かないと
決して今の状態を改善しない事との狭間で
右往左往して迷っているうちに終わってしまった。

無理にでも忙しくしないと悲しくなるので、
うさたん用品の片づけを始めました。
5年ちょっとしか一緒にいられなかったのに
なんでこんなに悲しいのかよと思います。



8月の写真ですが、やっぱどことなくしんどそうです。
この頃からフードはあまり食べなかったし
トイレを使わなくなったので9月にトイレを外したのです。

JUGEMテーマ:ウサギ
うさぎ 23:20 -
飼いうさ&ハムの話題を中心に
日々の事とか。
今はうさはむがいなくなってしまったので
放置中です。
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other